未分類

営業が向いていないから転職。本当にその決断正しいモノですか?

転職を決める人の中には、こんな理由で辞める人も多いのではないでしょうか。自分はこの仕事に向いていないかもしれない。と。自分のことは自分がよく知っているということで決断をするとは思いますが、本当にその決断が正しいかどうかということです。実際転職をして仕事の業種を変えてもうまくいかないという人もいます。その一方で、実は転職したあとに、自分がその取り組む仕事に才能があったかもしれない。そう感じる人もいるかもしれません。このような悩みは、様々な仕事で言えます。しかし、多くの場合思い過ごしの可能性があるのです。今回は営業職に焦点を当てて考えてみましょう。

営業が向いてないと感じた時に確認すること

では、実際営業職の人が、自分に才能がないと感じたらどうすれば良いのでしょうか。一度、自分が本当に向いていないかを見極めることも大切です。例えばある一定の期間を設けて、その間で自分がどのような成績を残しているかを客観的に見る必要があります。その結果をもとに考えてみるのも良いでしょう。また、自分の営業成績が本当に悪いものかを再度チェックする必要があります。情勢的に悪くなっても仕方ない時期が連続したのではないか。ということも確認する必要があるのです。また、営業に関しては他の仕事と異なり最大の特徴があります。それは、営業スタイルによって売るものが違うということです。

営業スタイルを変えることを検討する

営業に向いていないと感じても、それは現在の職場で必要とされる営業での話の可能性もあります。具体的にどういうことかを説明すると、営業には様々なものを売ります。商品であったり、そうでないモノであったり色々です。また、営業をかける相手も個人から法人まで様々です。今取り組んでいる形態の営業だとうまくいかないものの、他の営業に帰れば、営業のアプローチも変わってくるので、もしかしたら営業能力が開花する可能性も秘めています。そのため、営業がどうして向いていないかということを客観的に分析をして、本当に向いていないか。それとも違うのかを見極めないといけないのです。

まとめ

転職活動は、職場を変えるということなので、生活スタイルが大きく異なってしまいます。営業職に向いていないそう感じていても、一度客観的に自分を分析し、本当にそうなのかを見極めることも必要です。客観的な意見を聞くことも大切になってくるでしょう。仕事場が変われば、自分の力を発揮できる可能性も十分にあるので、そのことを視野に入れて転職活動を考えてみてはいかがでしょうか

About 編集部