コラム

転職面接対策で企業側にする質問をガチガチに固めて望まない方が良いその訳とは?

転職面接では企業側が自分に対して様々な質問を投げかけてきて、それに対して答えていくことが中心となりますが、自分からも企業に対して質問を投げかけることも重要になりますがこの時、とくに質問がないからといって企業側に質問を投げかけなければ意欲がないと見出されてしまう可能性があり、そのことから事前に質問したいことを考えている人も多いと思います。しかしこの質問を事前に考えておくことは本当に面接対策になっているのでしょうか?そこで今回は、転職面接の際に企業側に対しての質問をガチガチに固めすぎて臨まない方が良い訳を話していきたいと思います。

質問しようとしていたことが面接時に話されてしまったらいき詰まってしまう

まず企業側に意欲を見せようと質問したい事を事前に考えておくのは非常に良いことですが、そればかりにとらわれてしまうと、企業側にもしその質問したかった内容を事前に説明されてしまったら、完全に行き詰まってしまいます。企業側も面接に呼んだということは採用を前提に考えているので、採用候補者がしてきそうな質問は大体予想がつき丁寧に説明してくれます。そのことから質問を考えすぎて八方塞がりにならないようにガチガチに質問を固めておく必要はありません。

事前に考えてきた内容を重視しすぎてしまうと面接時の会話の内容に対して不一致が生じる可能性がある

次に考えられるのが面接時にしている会話に対して質問を固めすぎて望むと会話に不一致が生じる恐れがあります。考えてきた質問をしようとそればかりに必死になっていると、面接時にした説明と被ってしまったり、意味がわからない質問になってしまったりする可能性があり、理解力不足と取られてしまう可能性もあります。そのことからガチガチに質問を固めておくと、リスクを抱えることにもなりかねません。

当日の会話から質問の内容を考える

ではどうすればいいかというと、質問をガチガチに固めるのではなく、こんな質問をできたらしてみようかなという程度の考えで面接に臨めばいいのです。そうすれば面接時に自分がしようとしていた質問の説明をされてしまっても八方がりになることはありませんし、質問は当日本当に疑問に思ったことを聞けばいいので、面接での会話から気になった内容を抜粋し、そのまま質問すれば会話もはずみ同時に理解力があることも企業にアピールできます。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職面接での逆質問はガチガチに固めて臨む必要はありません。ガチガチに固めて臨んでしまうと、その質問をしようとそればかりに必死になってしまい、会話に不一致が生じてしまう恐れがあり、更にその話を先にされてしまったら八方塞がりになってしまいます。そのことから逆質問に対しては、事前に軽く考えながらも当日面接官と話した内容から本当に疑問に思ったことを抜粋して質問すればこのような問題がおこらなくなります。

About 編集部